【朗報】『フォルツァモータースポーツ 7』はデュアルショック4 コントローラにも対応!

gintama_sensei-57f854ea6ab035868f7873493031f28b4147b9ce

 デモで披露されたのは“シーカーチャンピオンシップ”。リー氏のプレゼンからは、「異なるディビジョンで異なるクルマを使える」、「“メルセデスオープントラック”など変わったものもある」、「好きなクルマで続けてもよいし、オープンシリーズで好きなレースを選択してもよい」といったコメントも聞かれた。以下、本作のカバーカーであるポルシェ911GT2 RSをドバイのコースで走らせながら、『Forza Motorsport 7』に関する情報を教えてくれた。以下、要点をかいつまんでご紹介しよう。

・“Forzavista”では、これまでのシリーズ作同様に、クルマの詳細を観察することができます。本作で、4K用にシステムの書き直しを行い、全部で700台以上収録しています。ほかのどのゲームよりも多くのフェラーリやランボルギーニ、ポルシェを提供しています。

・ビジュアルとフィーリングから、極めてリアリスティックなレース経験ができます。それこそ、すべてが詳細かつ正確に描かれています。パーティクルが増え、実物への再現度が上がっています。

・全ゲームがPCでもプレイできるのは初めてで、発表できたのはとてもうれしいです。これはファンの皆さんの強い要望で実現しました。

・プレイステーションのプレイヤーは、DUALSHOCKやハンドルコントローラーを使って、PCでプレイできます。

・カーフィジックスやカメラフィジックスも改善されています。ふつうはすべてのトラックをレーザースキャンしますが、本作ではフォトグラメトリー(写真測量法)を導入しました。実際にドバイへ行き、数1000枚の写真を撮影して、そこから情報を得て、これまででもっともリアルな環境を実現しています。正確に再現された環境は、レースファンのドライビング経験を格段にリッチにします。空間が正確に再現されているので、よりスピード感やスリルが増すんです。

・“ダイナミックウエザーシステム”によっても、レーシング経験が増幅されます。晴天が一転して暗くなったりします。そのときのドライブ感覚やビジュアルは、2度と同じ状況ではありせん。

・ドライブ感覚もリアルにしたかったので、コックピットも、スピードやギアチェンジだけでなく、ハンドル、ミラー、ワイパーの振動が感じられるようにしています。これらはカーフィジックスから来ています。運転しながらクルマの危険性やパワーを感じてほしいです。

・レース終了後、シリーズでの自分のポジションが確認できるようにしました。コンテンツが非常に多いので、整理して提供できるようにしています。メニューでは、リワードを得る新しいシステムが導入されています。

・XPが上がってレベルアップしていきますが、本作ではカーコレクションがマイルストーンになります。クルマがディスカウントされたり、ドライバーギアが入手できます。クルマを集めていくと、入手できるものがさらにレアなものになっていくんです。マルチプレイでユニークなクルマやギアを持っている人がいたら、相当なクルマのコレクションを持っているのだということがわかりますよ。

・マルチプレイヤーのロビーでは、ペットレーンでギアやペイントジョブを施したドライバーと会えます。本作で初めてドライバーがクルマから出られるようになりました。ドライバーは男女選択が自由で、服装はバラエティーに富んでいます。300種類以上のアイテムを用意していて、まさに本物らしいスポーツカルチャーを表現しています。


『Forza Motorsport 7』最高にリッチなドライブ体験を約束してくれるレースゲームの、現状判明している要素をまるごと紹介【E3 2017】

「グランツーリスモSPORT」ではレース中の天候変化を採用せず

「グランツーリスモ」シリーズの最新作では、レース中の動的な時間経過や天候変化を採用しないことが明らかになった。

山内氏は、「我々が今回、レース中のフレームレートとビジュアルのクオリティを上げるために、こういった動的な変化を採用しないことにしました」と語る。「なのでユーザーはレースを始める前に、環境の設定することができます。今までと同じように朝のレースでも夜のレースでも、夜明けのレースでも夕暮れのレースでも楽しむことができます」

「グランツーリスモSPORT」ではレース中の天候変化を採用せず

PS信者いわく動的天候変化に対応していない レースゲームはクソゲーらしい。グランツーリスモに動的変化があるといっても一部のコースだけ。ほとんどのコースはレース中の変化しない。『フォルツァモータースポーツ 7』はほとんどのコースに動的天候変化と時間変化が追加されるがこれだってオプションだしな。フレンドだけのオンラインでプレイするときのお遊び要素。それなのにこんなにこだわって作ってる。まさに鬼クオリティwww

コメントと糖分は先生の命でーす。ハイ、これテストにでまーす。
はーい、そこのゴキちゃん、見たならコメントしていきなさーい。

(▽返信というのをクリックすると、コメント番号が転記されてコメント欄へ移動します)
ネタ投稿大歓迎します。自サイトの宣伝でもかまいません。相互リンク募集中。
*「http:://www.」は書き込みできません。

クソコントローラでのハンディキャップレースを楽しみたい人はどうぞってことか

Related post

Comment

  • Trackback are closed

  • Comments (0)

  1. No comments yet.

話題の記事

  1. 001-7e27b2d6f9d2bfa78a05a1d79643dc71e39a0c90
    「ロケットリ…
  2. 001-cb1c7b7ffd6c7816d5ec686abafbcda3ebb93c5c
    小島秀夫監督…
  3. gintama_sensei-57f854ea6ab035868f7873493031f28b4147b9ce
     デモで披露…
Return Top