スコルピオさんのネイティブ4Kはスキだらけ!?演算性能は驚異的だがPS4 Proと大差ない?

20170414151640f17-3fd1089f9e4986f9e1f92b774e021b198d101f1e

 フルHDを対象にした旧世代であれば,PS4の仕様から少し削ってXbox One版を作る,ないしXbox Oneの仕様を少し盛ってPS4版を作るといったアプローチになるはずだ。これに新世代が加わるとどうなるか。

 4K対応ゲームが出てきた場合,ネイティブレンダリングという意味でのクオリティではScorpioが優位になるが,解像度以外の追加レンダリング要素などを加味するとPS4 Proのほうがクオリティが高いという評価になることもありそうだ。そもそも,普通の人には2Kと4Kの見分けがつきにくいという実験結果もあり,下手をするとPS4版のほうが綺麗に見える可能性すらある。Scorpioの開発では4K対応がMUSTであるのは当然として,性能分の期待を裏切らない絵作りをするにはかなりの努力が必要になるかもしれない。

 PS4 Proではブーストモードが解禁されたが,試してみると可変フレームレートでないタイトルについては驚くほどなにも変わらなかった。PS4で30fpsだったゲームなら,ブーストモードで60fpsになってもおかしくなさそうなのだが,いくつかのゲーム(海外サイトで効果があるとされたタイトル)で計測してみても30fpsのままだったのだ。CPUボトルネックになっている可能性はあるが,最適化の結果としてゲームの作り方が厳密に所定のフレームレートに固定されている可能性もあると見ている。ゲームを作る側からすれば性能向上は想定外の事態であろう。

 単純に数値だけを見たScorpioの演算性能は家庭用ゲーム機としては驚異的である。しかし,4Kを前庭にすると決して余裕があるわけではない。Xbox OneとPS4で画質に差があるゲームの場合,ネイティブ4Kにこだわっていると,それらを4K化したときにScorpioではPS4 Proと同等の画質に持っていけない可能性もある。チェッカーボード時のPS4 Proと同じ仕様の絵をきちんとしたネイティブクオリティで出すには,8.4TFLOPSが必要なのだから。スペックの数字だけから見ただけだが,Scorpioも擬似4Kでいかざるをえないはずだというのが結論だ。

 「ネイティブ4K」というのは,PS4 Proとの差別化を図るうえでマーケティング上は便利な言葉なのだろうが,それにこだわることは無益であろう。
 同様に,PS4 Proでチェッカーボードがベストの手法とも限らない。両機種ともそれぞれ特徴があるとしても,ゲームを作る側としては同じ方式で作れたほうが楽だと考える人も多いだろう。ということで,両方とも負荷による可変解像度のスケーリングで擬似4Kに対応させるのが,最も柔軟な対応法ではないだろうか。性能が高いほうが画面は心持ち綺麗になる。これでUIだけ4Kで上書きしてやれば,たぶん気づく人はほとんどいないと思うのだが。

Project Scorpioのネイティブ4Kに落とし穴はないか? ゲーム開発の多様化について考える – GamesIndustry.biz Japan Edition

PS4の仕様から少し削ってXbox One版を作る,ないしXbox Oneの仕様を少し盛ってPS4版を作る

はあ!?なにいってんのおまえ!?

なに言ってんだかさっぱりわからねーよっ! 『フォールアウト 4』も『スカイリム』も『ウィッチャー 3』もPS4版はフレームレートガクガクのポンコツ仕様だったろ!?

サニー氏「PS4Proは疑似4Kだと揶揄されるがネイティブ4Kに近い映像体験が得られる」

Cerny氏は「ライセンシー開発者には,ジオメトリレンダリング技法やチェッカーボードレンダリング技法のリファレンスコードを提供します。平均的な(技術力を持つ)開発者であれば,ジオメトリレンダリング技法は数日で,チェッカーボードレンダリング技法は数週間でそのゲームに組み込むことが可能だと思います」と述べていた。

「ネイティブ4Kレンダリングを行えない」「疑似4Kだ」などと揶揄されることもあったPS4 Proだが,こうして見てくると,たとえそうであったとしても,ネイティブ4Kに相当近い映像体験が得られるのだということをイメージできるはずだ。
フルHDテレビと接続しても,PS VRと組み合わせても,その高い性能を効果的に活用できることから,4Kテレビを持っていなくても,標準PS4から買い替えるのは,そう悪い選択肢ではないと思える。

西川善司の3DGE:知られざるPS4 Proの秘密(2)明らかになった「4Kレンダリングのレシピ」

コンシューマ向けのゲームを出しているところの多くはスコルピオの性能がそれほど高くないと思ってる。4Kに関しても、大きな違いが無いなら疑似4Kでいいよね?みたいな論調。

マイクロソフトは「スコルピオはネイティブ4Kが可能だから疑似4Kは必要ない。スコルピオのゲームはPC版と同じネイティブ4KでOK」と主張。

うまくすると、PC由来の最高グラフィックゲームは疑似4Kを嫌ってPS4ハブに動くかもしれないが、負荷を下げる目的で疑似4KがPCゲームでも流行りそうな気がする。



PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)

¥ 32,378¥ 28,800
【画像あり】1200型からの買い替えレビュー
CUH-1200AB01から買い替えましたので、比較レビューを書きたいと思います。①まず大きさですが、1200型と2000型を並べたものが画像1枚目になります。一回り小さく、薄くなっています。②HDDの交換ですが、画像2枚目の通りこれまで同様簡単にアクセスでき、交換が可能です。私は1200型で使用していたSSDに換装しました。2000型標準装着のHDD(500GB)は東芝製でした。ちなみに1200型(500GB)ではサムスン製のものでした。


PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

¥ 50,350¥ 48,578
音静かだし、なにも申し分ない(ちょっと熱さが怖いけど)
silmよりproの方が優れている点や違いをまとめました。                                       ・
関連記事

コメントと糖分は先生の命でーす。ハイ、これテストにでまーす。
はーい、そこのゴキちゃん、見たならコメントしていきなさーい。

(▽返信というのをクリックすると、コメント番号が転記されてコメント欄へ移動します)
ネタ投稿大歓迎します。自サイトの宣伝でもかまいません。相互リンク募集中。
*「http:://www.」は書き込みできません。

ギアーズ80Gってマジか

そのうち「疑似4Kだけどネイティブ4Kより美しい」とか
言い出しそうだなw

>
Page Top↑ ブログパーツ アクセスランキング

アクセスランキング

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

話題の記事

  1. 001-7e27b2d6f9d2bfa78a05a1d79643dc71e39a0c90
    「ロケットリ…
  2. 001-cb1c7b7ffd6c7816d5ec686abafbcda3ebb93c5c
    小島秀夫監督…
  3. gintama_sensei-57f854ea6ab035868f7873493031f28b4147b9ce
     デモで披露…
Return Top